intel-logo

SASQUATCHFABRIX. – A Conversation with Daisuke Yokoyama

Feature

SF-Cover

When first entering the Sasquatchfabrix. showroom and offices, one immediately gets the sense that this isn’t your ordinary Tokyo high street brand. We’re greeted by our international sales contact Satoshi Niibori who is pulling double duty as translator today. I immediately notice the refreshingly unique appearance of their showroom; an eclectic mix of old wood, stained glass, and taxidermy. Satoshi introduces us to Daisuke Yokoyama; founder and creative director of the brand. It doesn’t take long when speaking with Daisuke to realize that his brand and personality share the same eclectic mix of influences that his showroom does.

Entering a fully stained glass door depicting a giant Mexican-style “Dia de Muertos” skull, we head into the meeting room.  We chatted for a long time with Daisuke about a variety of topics including  his time as a youth, 90s skate, graffiti, hiphop, art and Japanese zine culture. Daisuke goes on to explain how his brand is a mixture of diverse influences. Modern and progressive, casual street and avant-garde, yet traditional at the same time.

 
 

SF201

01 | Studio walls

 


 

Interview with Daisuke Yokoyama

H: Sasquatchfabrix. launched in 2003. Please introduce yourself and tell us how Sasquatchfabrix. started. What were you doing prior to this time?

DY: I studied architecture in art school but later I came across graphic design. I was impressed by the speed of expression with graphic design, and started working in this field.

At the time (2003) in Tokyo a large number of individual artists existed. I published a freepaper (*a type of Japanese publication that is very similar to a zine) to introduce graffiti, and scenes of culture and artists around me.

As a part of the freepaper project, we started making t-shirts. That was the start of our brand.

H: Sasquatchfabrix.は2003年にブランド設立されました。簡単な自己紹介と、Sasquatchfabrix.がどのように始まったのか教えてください。また、ブランド設立以前は何をされていましたか?

DY: 美術大学で建築を学んでいましたが、グラフィック・デザインと出会い、表現スピードの早さに感銘を受け、グラフィックデザイナーに就職しました。当時の東京には、個性的なアーティストが数多く存在し、自分の周りのグラフィティやアート系の人たちのカルチャーシーンを紹介するためのフリーペーパーを創刊しました。そのフリーペーパーでの企画でTシャツを作ったことがブランドのスタートのきっかけとなりました。

 


H: What is the meaning behind the name Sasquatchfabrix.?

DY: Sasquatch is an UMA (unidentified mysterious animal) that is suggested to exist in Canada. In the present day fashion scene, we wish to be like an UMA and used its name for our brand.

H: Sasquatchfabrix.の意味、または名前の由来を教えてください。

DY:「サスクワッチ」は、カナダに生息している、とされているUMA/未確認生物です。
現代におけるファッションシーンにおいて、「UMA/未確認生物」になれたら、との思いでこの名前をつけました。

 


H:Sasquatchfabrix. operates under the umbrella of Wonder Worker Guerilla Band. What is the Wonder Worker Guerilla Band and what other projects are they involved with?

DY: Wonder Worker Guerilla Band is the name for a unit of artists. This name is used when we do different projects apart from the fashion brand.

The former designer, Katsuki Araki, left Tokyo after the influence of 2011 Tohoku earthquake and tsunami, and Wonder Worker Guerilla Band is essentially dormant.

H: Sasquatchfabrix.は、Wonder Worker Guerilla Bandの傘下にて運営されています。Wonder Worker Guerilla Band とはなんですか?Sasquatchfabrix.の他にどうのようなブロジェクトがありますか?

DY: Wonder Worker Guerilla Band」は、アートユニットの名称です。ファッションブランドの領域とは別のプロジェクトなどを行うときには、こちらの名称を用います。

Sasquatchfabrix.の元デザイナーの1人でもある荒木克記(アラキカツキ)が、3.11/ 東日本大震災の影響で東京を離れたこともあり、Wonder Worker Guerilla Band は、実質休止中となっているいます。

 

SF_102

 


SF203



 SF-304

02 | Daisuke Yokoyama
03 | Ideology in print
04 | What is avant-garde?
 


SF-3305
 

H: Could you tell us a little about the concept behind the brand? “HIGH PERFORMANCE VANDALISM. ALWAYS PRESENTING A SENSE OF FRESHNESS”

DY: Everything has accumulated layers of history and remains are left at various places in the present day. If we don’t have history, I think that we cannot even make a thing well. We have a philosophy that the remainders can be dug up from such layers, evolved and brought back into existence to the present day. This was put together with some irony and presented as a motto, which is “High performance vandalism. Always presenting a sense of freshness.”

H:ブランドのコンセプト、“HIGH PERFORMANCE VANDALISM. ALWAYS PRESENTING A SENSE OF FRESHNESS”について少し話をしていただけますか?

DY: 物事には積み重なった歴史の地層があり、現在でも色々な場所に”名残”として残っています。もし歴史が後ろに控えていなかったら、私たちは何一つ上手に作ることはできないと思います。そんな地層に眠る”名残”を掘り起こし、進化させ現代に蘇らせるという事を一つの哲学としています。そのことを多少の皮肉と共にモットーとしたものが、
“HIGH PERFORMANCE VANDALISM. ALWAYS PRESENTING A SENSE OF FRESHNESS”という表現に集約しています。

[column size=2/3 position=last]
SF-14 06

05 | Entry to the showroom
06 | In conversation

 


 

H: The brand walks the line between avant-garde, traditional menswear and Street Fashion. How do you balance these often opposing philosophies of design in the creation of new garments?

DY: I am not particularly conscious of the three elements. That is probably because my generation has a ‘mixed culture’ without a genre or the fact that I grew up in the islands of Japan. Of course, it is necessary to maintain balance upon creation but more importantly I am conscious of showcasing ‘tradition’ at the right time. Then I add humor to it when creating things. I feel that’s the modern technique of designing.

H: ブランド、Sasquatchfabrixはアヴァンギャルドと、昔ながらのメンズウェア、またストリートファッションの哲学の間に位置しながら歩んでいるという印象を受けます。この三つの異なった分野の哲学のバランスをどのようにとっているのですか?

DY: この三つの要素を個別に意識したことはありません。自分の世代が、ジャンルレスな「ミックスカルチャー」だからかもしれません。また、島国である日本で育ったことも関係あるのかもしれません。もちろん、クリエイションを行う上でバランスは大事にしますが、それ以上に「伝統」とそのタイミングを大事にしている意識の方が強いです。そこにユーモアをバランス良く加味して、クリエイションしていくことが現代的なデザイン技法だと思っています。

 


 

H: Your seasonal collections often have strong themes based on a wide range of subjects from Buddhism, music, Japanese history, astronomy and nature. Do you prefer to start with a theme and design the collection based on that theme or do you let your designs guide you toward a specific aesthetic?

DY: We examine a theme first and we approach the design to accompany our decision. I started with design selection for ‘Haguremono’ line and ‘Hakuraimono’ line of Sasquatchfabrix.’s collection.

H: ブランドの季節ごとのコレクションで、仏教、音楽、日本の歴史、宇宙学、自然などの様々な分野から題目をもとに強い主題が頻繁に使われています。デザインをするときにですが、主題を決めそれに沿って仕事へ取り組みますか?もしくはデザインから始めて、それに沿って特定の審美や主題を決めていきますか?

DY: テーマを吟味して、決定したものに沿って取り組んで行きます。Sasquatchfabrix.のコレクションにある「Haguremono」ラインや「Hakuraimono」ラインは、デザイン選考で始めています。

 


SF-507

 

“Time goes by constantly. Fashion exists with time and it changes. That consents to the fact that our thought changes when time changes. I have a belief that fashion itself should be an expression of time.”

 


H: Is there a particular audience you’re designing for?

DY: Yes. However, it does not actually exist. I visualize a human image or an imaginary commune in my mind.

H: デザインをする上で、照準を合わせた特定の大衆層はありますか?

DY: 実際存在しているわけではありませんが、頭の中の人物像や架空のコミューンをイメージしています。

 


H: With Sasquatchfabrix., you radically change your aesthetic from season to season- each with a specific theme, is it a natural progression for you to evolve the brand this way? Do you guys find it challenging?

DY: Time goes by constantly. Fashion exists with time and it changes. That consents to the fact that our thought changes when time changes. I have a belief that fashion itself should be an expression of time. I myself feel that my collection doesn’t change so radically in every season…

H: Sasquatchfabrix.において、シーズンごとに決まった主題で抜本的に見え方の異なったコレクションを出されています。これはブランドを進化させるための自然な展開ですか?これについて特に困難を感じたことはありますか?

DY: 時代は常に流れています。ファッションは時代と共に存在し、変化していくもなだと思います。時代が変われば、思考も変わるのと同意です。ファッション自体が時代を表すもののひとつでもあってほしい、との思いもあります。自分としては、そこまでに毎シーズンのコレクションが、ラディカルに変わっている意識はないのですが。



H: What elements (if any) do you purposely keep and explore with each collection moving forward?

DY: I explore a sense or way of expression in design that only a ‘Japanese designer’ can show. However, presently the Japanese design approach has expanded to the international domain and European and American creators adopted the Japanese design approach as their own characteristics. From this point of view, I cherish a sense that can be obtained only by living in the environment or cultural and spiritual atmosphere of Japan.

H: Sasquatchfabrix.において、シーズンごとに決まった主題で抜本的に見え方の異なったコレクションを出されています。これはブランドを進化させるための自然な展開ですか?これについて特に困難を感じたことはありますか?

DY: 「日本人」としての「日本のデザイナー」しかできない感覚や表現方法を模索している意識はあります。今までの「日本のデザイン」というアプローチは、すでに日本人の領域を越え、欧米人のクリエイターがそのアプローチを行っている時代だと思います。日本という環境や風土に住んでいるからこそ得られる感覚、を大事にしていきたい、とも思っています。

 


H: You participated in the Leather Japan Presentation alongside Hender Scheme at this year’s New York Fashion Week. What role do leather goods play in Sasquatchfabrix. collections and your history as designers?

DY: Leather is very special as a material and has a power. I think that a product with leather naturally becomes powerful. Leather is the first material that humans put on. Such a thing has a variety of backgrounds. At ‘LEATHER JAPAN 2013’, I collaborated with an organization called ‘more trees LEATHER.’ They explore a way to make new effective uses of Ezo Shika (Hokkaido Shika Deer) leather materials. In Japan, Ezo-shika is captured as a harmful animal and exterminated. Its leather is then disposed of. From the viewpoint of a creator who uses leather materials, I work responsibly to use leather after learning the background of such a situation.

H: 今年のNew York Fashion Weekでお二人はHender Schemeと共に、Leather Japan Presentationに参加しています。Sasquatchfabrix.の中で皮製品はどのような役割をなしていると思いますか?またデザイナーとして皮への特別な思いがありますか?

DY: レザーは素材としてスペシャルですし、力もあると思います。自ずと作った製品も力があるものになると思います。「レザー」という素材は、一番始めに人間が身につけたものでもあるし、そういったものだからこそ、いろいろな背景があります。「LEATHER JAPAN 2013」では、日本で「害獣」として捕獲・駆除されてしまった廃棄処分されてしまっているエゾジカの革素材を新しい活かし方を模索している団体「more trees LEATHER」とコラボしました。革素材のような素材を使う上では、そういったことも理解した上で責任をもってクリエイションしています。

 


H: Besides SasquatchFabrix., what other other projects are you currently working on?

DY: There are several projects. However, I cannot tell you for contractual reasons.

H: SasquatchFabrix.以外で、今現在で取り組んでいるプロジェクトが他にありますか?

DY: いくつかありますが、契約上言うことができません。すいません。

 


H: This upcoming season’s collection is entitled “What’s Avant-Garde?” What was your inspiration for this collection and what can your fans expect?

DY: Today the definition of ‘avant-garde’ is misinterpreted. Especially in fashion, it’s understood as ‘eccentricity = avant-garde’ but essentially an attitude towards ideology and time properly defines ‘avant-garde.’ A lot of basic design these days originated as ‘avant-garde.’Also design shifts as time changes. Now, the title ‘What’s avant-garde?’ is asking again for the meaning to be re-recognized.
I add the balance from what’s conventional right now and ask a question ‘What’s avant-garde?’

H: 次シーズンのタイトルは、’What’s Avant-Garde?’ ですが、このコレクションのために感化、鼓舞されたものは何ですか?次シーズン、ブランドファンは何を期待することができますか?

DY: 世の中で解釈されている「アヴァンギャルド」の定義は、少しズレてしまっています。特にファッションの中では、「奇抜=アヴァンギャルド」と思われがちになってしまってますが、本質的には、思想や時代に対しての姿勢が本来の「アヴァンギャルド」の定義だと思っています。
ベーシックとされているデザインも元々は「アヴァンギャルド」として生まれたものも沢山あります。時代の変化と共に変わっているものも沢山あり、今の時代の中で、改めてそういったものへの再認識への問いかけ。今、定番とされているものから、バランスを加えることの表現をしているが、「アヴァンギャルド“?”」として問いかけをしています。

SF-17-108


 
SF-1009


 
SF-710


 
SF-1111


 
SF-16-112


 

sf-15-113

07 | Inner sanctum
08 | Personal touches
09 | Tones and textures
10 | Outerwear
11 | Past editorial work
12 | The power of leather
13 | A motto to live by

 

Editors
Arthur Chmielewski
Daniel Chmielewski

Foreword
Daniel Chmielewski

Photography
Ryan Lindow

Layout
Rhys Kearns

Interview
Jefford Lam
Nguyen Le
Chais Mingo

Translation
Norihisa Hayashi

Special Thanks
Daisuke Yokoyama

COPYRIGHT ©2014 HAVEN APPAREL INC.
ALL RIGHTS RESERVED